はじめに

今日はこれからのまちづくりおけるマネージャーの役割について簡単にお知らせしたいと思います。勿論それは収益活動になりますが、ボランティアの世界においてもマネージャーは結果を出せる人に任せられるお役なのです。

というのも目標の設定や結果としての達成、ミッションに沿った草の根活動など、マネージャーは企業活動やNPOなどの市民ボランティア団体の活動の継続した経営や運営には欠かせない存在と言えるからです。

サクセス・ストーリーの鍵としてのマネージャー

例えば、会社で新しくプロジェクトが企画される事になったとします。それは外部からの影響だったり、社会的ニーズが原因だったりしますが、大抵は難航が予想される内容なのです。成功するには鍵となる協力者が必要です。

すると社内では普段の仕事以外に、この新しいプロジェクトに取り組んでいる時間はありませんから大変な事になるのです。それは、残業しても新しい企画のために分からない事に多くの時間を費やす人は少ないからです。協力者はいない、一体どうしたら良いのだろうかと会社のリーダーたちは判断に悩む訳です。

これからのプロジェクトマネージャーとは

そこで、このような時間外労働を強いられるような企画に対して、様々な問題を解決してくれるプロジェクトマネージャーの登場です。このマネージャーは社内では難しい事も外部の人材と協力して成果をあげるのです。

この人の役割はちょっと変わっていて、これまでのやり方を無理に通す人ではありません。日中、会社の机にドンと座り、夕方帰る前に部下に夜中まで仕事を回したり、様々な指示を出す人ではないのです。これからのマネージャーは分からない事は素直に認め、分かる人材に仕事を依頼する人なのです。

つまり、協働プロジェクトを成功させる中心となる人材が「これからのまちづくりのためのマネージャー」だと言えます。